head_img_slim
HOME > 業務内容

業務内容

人事労務サポート

〇法定3帳簿はそろっていますか?
会社が人を雇った場合に整備することが義務付けられている帳簿です。労働基準法によりその整備が定められています。
1.労働者名簿(労働基準法107条)
2.賃金台帳(労働基準法108条)
3.出勤簿(労働基準法108条 則54条)

〇労働条件通知書は交付していますか?
労働条件通知書とは、雇い入れる人に対して、以下の項目「書面」あるいは「口頭」で通知するものです。
書面により必ず明示する事項
1.労働契約の期間
2.就業の場所・従事する業務の内容
3.始業・終業時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇、交替制勤務をさせる場合は就業時転換(交替期日あるいは交替順序等)に関する事項
4.賃金の決定・計算・支払方法、賃金の締切り・支払の時期に関する事項
5.退職に関する事項(解雇の事由を含む)
口頭の明示でもよい事項
6.昇給に関する事項
その他、制度を設ける場合に明示しなければならない事項があります。

〇就業規則を備えていますか?
労働基準法では、パートタイマー等を含め常時10人以上の労働者を使用する事業場は、就業規則を作成し、その事業場を所轄する労働基準監督署長に届け出ることを義務付けています。
就業規則は会社や労働者が守るべきルールを定めたものです。労働者が10人未満であっても、就業規則を作成することで、ルールの理解が双方で明確となり、使用者と労働者との間の無用なトラブルを未然に防ぐことも可能になります。

HAPワークライフサポートでは、上記の作成代行を行っております。お気軽にお問い合わせください。

社会保険・労働保険の手続きサポート

入社時や退社時の届出書類
年に一度の健康保険の報酬月額算定基礎届、労働保険の年度更新、
社会保険の各種給付申請
複雑な労災事故の請求業務

HAPワークライフサポートでは、顧問契約をいただいているお客様に関して、上記手続きを代行しております。顧問契約のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

給与計算サポート  

毎月の給与計算
賞与計算
年末調整

給与計算には、労働条件を確認し、雇用保険法・健康保険法・厚生年金保険法・税法などを現状に照らし確認のうえ、確定する必要があります。従業員の少ない会社では、忙しい事業主の方が、本業の傍ら行っているのではないでしょうか。煩わしい給与計算は、HAPワークライフサポートへお任せ下さい。

助成金サポート 詳細はこちら

助成金とは、雇用保険料を財源とする返済不要の給付金です。受給するためには、法定帳簿や就業規則などを整備し、事前に計画書を提出し、見合った期間に計画を実施、書類を揃えて申請をするなど複雑です。
HAPワークライフサポートでは、助成金のご相談・診断は無料で行っております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号048-223-7858 icon FAX048-700-4949
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る